ばあば紹介


とんてん館には、13人の子育て班と呼ばれる「ばあば」とスタッフが在籍しており、交代で勤務しています。遊びに来た子ども達と遊んだり、ママとおしゃべりをしたり、託児・子育て支援スタッフ派遣事業でも活躍しています。みんなとてもフレンドリーなので、気軽に話しかけて下さいね。

石原ばあば

カメラ屋の奥さんとして2人の男の子を育て上げたばあばです。終戦は小学2年生で迎えました。

こども劇場の運営やボーイスカウトに関わっていた経験もあり、とんてん館をばっちり取り仕切ってくれている、設立当時(2007年)からのばあばです。

恐ろしいほど記憶力抜群。好きな食べ物は人形焼、雷おこし、空也の最中。料理が得意で、何を作っても美味しいので、今晩のご飯の相談も気軽にどうぞ。80歳を越え、少々物忘れが・・・と本人談。好きなタイプは中井貴一。

2019年1月、遂に81歳でスマホデビュー。毎日画面とにらめっこ。フリーズ・・。令和元年目標は、友達を沢山作ることです。


岩田ばあば

設立当時からのばあば。若かりし頃はAlfa-Romeoの販売店で働き、その後名古屋の商社に転職。当時最先端のIBMパソコンを使いこなすキャリアウーマンでした。入社後8か月で見初められ結婚。シルバーでもどんな仕事でもこなし、人の3倍くらい働くスーパーばあばです。

悩み事や困りごとを相談すると、いろいろな角度から意見をくれます。お子さんが大きくなったママも「岩田さんに会いたい」と、とんてん館を訪れるほど、人望が厚いばあば。趣味はヨガと旅行。でも海外旅行は卒業しました。好きなタイプは話題豊富な頭のいい人。


松田ばあば

 自営業のご主人を支えながら男女2人を育てた、とっても真面目で気配り上手なばあばです。とんてん館の金庫番。

パワフルな男の子の対応が上手で、沢山食べて、沢山動きます。

100均での買い物やおしゃれが大好き。ばあばの中で唯一スマホを持っていて、スマホ相手に日々悪戦苦闘中。←最近ん仲間が増えました(^^)パソコン歴10年、覚えては忘れを繰り返し、常に初心者です。松田さんの周りにはいつも笑いが絶えません。また聞き上手なので気軽に話しかけて下さいね。好きなタイプは、面白くて話していて楽しい人。


山田ばあば

3人の子どもを育て、自営業のご主人を長年支えてきました。とんてん館ではどんな仕事でもこなす、パワフルで器用で柔軟性があり、ボランティア精神満載のばあば。保育園での園児見守りのお仕事では子ども達の人気者、遅番で夕方ママを待つ園児の心を温かくしてくれます。

また、忙しい合間を縫って作る満寿子さんのお漬物はどこのものより美味しく絶品。レシピを聞いてもきっと同じようには作れないんだろうな。


小椋ばあば

設立当時からの、ベテランばあば。人のいい所を見つけるのが、とっても上手なので、お母さんとは違った視点で、お子さんのいい所を引き出してくれます。子どもの遊びに付き合うのが上手で、とことん遊んでくれます!小椋さんに会いに、小学校の子どもたちが来館するほどの人気者です。趣味はマジックと俳句,日々新たな一句を考えながら生きています。マジックでも出張ステージを多々こなしている売れっ子です。笑いのセンスも抜群、いつもつっこみ役でみんなを笑わせてくれます。たまにツボに入って一人で大爆笑しています。好きなタイプは加藤剛。令和元年の目標はみんなと楽しく遊びたい!!



早川ばあば 

とんてん館3年目の若手ばあばなので、元気ハツラツ、率先していろいろなことをしてくれます。元気が有り余っておっちょこちょいな部分も憎めません。好きな食べ物は和菓子。趣味は書道とコーラス。

結婚前は関市の企業でお勤めし、結婚後は自営業のご主人を支えてきました。とんてん館で働きながら、近くに住む孫のお世話にも一生懸命です。ばあばも休んでいられません。

 令和元年の目標は、よく歩くことです。


西田ばあば 

とんてん館創立当時からのベテランばあば。木彫り職人のご主人を長年、縁の下の力持ちで支えながら2人の子どもを育ててきました。歌が大好きでコーラスサークルにも所属しており、とんてん館で開催している『ばあばみんなで歌お♪』の会でも美声を披露してくれます。子育て班に加え、とんてん館手作り班にも所属し、得意なお裁縫でいろいろな物を作って売っています。畑での野菜作りもこなし、自転車でどこまででも出かけるためか、全身引き締まっています。好きなタイプは唐沢寿明。好きな食べ物は『551の豚まん』、お取り寄せできないのが悩みの種。美味しいものたくさん知ってます。


朝日ばあば

優しさが顔ににじみ出ているばあば。恵那で生まれ、土岐市で育ち、関に嫁ぎ、男女3人を育て上げました。マジックサークルやわらべうたの会に所属し様々なイベントで腕前を披露しています。とんてん館では、手遊び、指人形、エプロンシアターなどで子どもたちを楽しませてくれます。

とんてん館の手作り班にも所属し、新しい商品開発に余念がありません。

趣味は映画鑑賞、マーゴによく観に行きます。


玉木ばあば 

とんてん館No1のかわいいばあば。小柄で細くて他のばあばの憧れです。とてもシルバー世代には見えません!!

関市の企業に長年勤め、子育ても一生懸命に過ごしてきました。趣味は『働くこと』というほど、仕事が大好きで、とんてん館での仕事もテキパキ正確です。

好きな食べ物は果物で、毎日必ず食べないと気が済まないほどです。


渡辺ばあば 

とんてん館最高齢の83歳!!のばあばですが、頭はキレっキレ。ボーっとしているとチコちゃんなみに激しく突っ込まれます。終戦を小学4年生で迎えました。学校卒業後、洋裁学校へ2年通い22歳で結婚。その後は家で洋服の注文仕立てのお仕事をしていました。その経験を生かし、とんてん館でも手作り班でいろいろな小物や注文された服を作っています。また、ボランティアで老人相手に折り紙を15年以上教えていました。また、伝承遊びのボランティアもあちこちでお手伝いしています。

趣味はカラオケで、今でもカラオケ教室に通い発表会にも出ているほどです。好きな食べ物は果物全般。令和元年の目標は、パソコンを使えるようになることです。


 

この他にもとんてん館の『看板ばあば』がいますので、遊びに来てくださいね!


スタッフ紹介


橋本 (ばあばまであと18年)

2児の子育て中。保育士など、子どもにかかわる仕事に10年以上携わってきました。元々とんてん館の利用者として10年前から利用しており、スタッフとして働き始めて4年目です。いろんな世代の方にとんてん館を利用していただきたいと思っています。

好きな食べ物は焼肉、美味しいお店教えてください。今年の目標はピアノと英会話の習得です。


藤村 (ばあばまであと数年)

とんてん館で開催しているストレッチ体操の講師です。関市で生まれ関市で育ち、関市で子育て。関市から出たことがありません。結婚前は事務職で働き、結婚後バトミントンをはじめました。趣味から始めて熱が入り、朝昼晩熱中、20年後には全国制覇しました!!その後、小学生対象にバトミントンを教えています。そんな中で、『もう一度子育てをしたいな』、『自分の子にできなかった、今を大切にする子育てをしたいな』という気持ちで来館者の方に声掛けをしています。

とんてん館の宝塚担当。バトミントンで鍛えたモデル並みのスタイルは中高年の羨望の的。